期間従業員の魅力と働く上で必要な事とは

期間従業員とは、主に製造業などを運営している企業が、繁忙時期や増産対応時に対応するために、労働期間を一定の時期に限定して直接求人募集を行う臨時の契約社員の事を示します。主に自動車工場や電子部品製造工場などで募集されることが多いのが特徴です。

期間従業員の大きな魅力の一つは待遇面の良さにあります。

一般的な20〜30代の年収をゆうに超えることが多い待遇面の良さに、近年は大卒やフリーター、地方出身の人など年齢や性別を問わずに広い層の人々に人気が高くなっています。


手取りの金額の水準の良さは勿論の事、雇用契約期間満了ごとに支給される満了金の存在もその魅力を引き上げています。

期間従業員がオススメです。

また、期間従業員で働く場合はその期間の住居をほぼ無料で提供してもらえるメリットもあります。

企業によってその待遇に違いはありますが、量が完備されている場合が多く、住居や食費などにほとんど費用をかけずに働けるためにお金を短期間で貯めたい人にも非常に人気になっています。


これだけ魅力の多い期間従業員ですが、待遇面が良い分その仕事は決して楽ではありません。製造ラインで部品の組み立などの流れ作業を担うことが多いために、技術的なスキルは高く求められない代わりに日々の作業は非常に単調になっている場合が少なくありません。

交代制のシフトの場合が多く、繁忙期のため残業が多いことも特徴です。

OKWaveの情報がわかりやすく紹介されています。

期間従業員として与えられる役割を几帳面にこなして同じ作業を続けることができる忍耐力は必要になります。

変則的な交代勤務や残業のある労働環境に耐えるだけの体力や気力も必要です。



しかしながら寮完備で仕事に集中できること、働けば働くほど給料がもらえる良さがあります。