ビジネスクラスで行く旅行

img-1

海外旅行はエコノミークラスで行くのが当たり前と思っていないでしょうか。確かに多くのツアーではエコノミークラスが基本ではありますが、ビジネスクラスを別途手配することも可能なようになっているものも多いです。エコノミークラスで旅行に行ってみたが、やはり非常に疲れた、機内では全く一睡もできず、腰や肩も痛い上に現地では眠くて観光どころではなかった、確かに値段は張るのだろうが、たまの海外旅行なのだから疲れに行くのではなくエンジョイしたいという人がいることも間違いないでしょう。さて、ビジネスクラスを利用しようとする場合、一番気になるのはその値段でしょう。


シーズン、航空会社、行き先などによっても大きく変動することは理解いただいたうえで、感覚的なところを言いますと、例えばアメリカやヨーロッパまでエコノミークラスの航空券が10万円であったとすると、ビジネスクラスは40万や50万程度はかかるイメージです。もちろん決して安くありません。

本当にコストパフォーマンスをとことん突き詰めて考えれば、エコノミーと比較してコスパは悪いかもしれません。

何しろ、多くのツアーで値段が倍とかそれ以上になるようなものでしょう。
言い換えれば、別のツアーにもう一度行けてしまうようなものです。

それは分かった、だけれどもやはりエコノミーでは厳しいという人が納得の上で利用するならば、ビジネスクラスはあなたに充実した体験をもたらしてくれるでしょう。

さて、ではビジネスクラスの実際を紹介しましょう。


まずは座席です。

これは横幅、前後間隔ともに非常にゆったりしています。なお、アメリカやヨーロッパなどの長距離路線では、最近では座席の配置そのものが考慮されていて、どの席からも隣の人を気にすることなく通路に出ることができるようになっている飛行機も多いです。このような配置そのものはいくつかのタイプ、バリエーションがあるのですが、要は一般的な一列横並びの座席ではなく互い違いになっていたり、通路に対して座席をやや斜めにしたりしています。


なお、この配置のために、特にカップルの場合に2席横並びと呼びうる座席が限られていたり、そもそもそういう座席が存在しない飛行機もあります。ビジネスクラスの唯一困った点といえるかもしれませんので、予約時には確認しておきましょう。


そして、リクライニングすることで完全に床と平行で真っ直ぐなベッドになるものが主流です。

幅は50cm程度、長さは2m程度になりますので、寝返りをうつことも十分に可能です。機内食は大きな楽しみですが、ビジネスクラスの場合はレストランで本格的なコース料理を味わうことを想像いただければよいです。ワントレイで出されるのではなく一皿ずつ出されますし、食後のデザートや飲み物のワインなども含めて充実しています。


ビジネスクラスのサービスはこの他にもあり、搭乗前の空港ではラウンジが使えますし、受託手荷物の許容量も大きくなっています。

このようなサービスを総合すれば、一度乗ってみればもうエコノミークラスには戻れなくなるかもしれません。

ディズニーツアーの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

なばなについて親身になってアドバイスいたします。

富士急ハイランドの有益な情報のご紹介です。





http://news.mynavi.jp/news/2010/03/15/074/

http://matome.naver.jp/topic/1Lxm2

http://getnews.jp/archives/1390414

関連リンク

img-2
旅仲間と作る思い出の旅

日常生活からかけ離れた時間を楽しめる、旅行を趣味とされている方も多くいらっしゃいますが、どうせ行くなら思いっきり楽しみたいものです。何処へ行くのか、何をするのか、何を食べるのかを体験することも楽しいですが、誰と一緒なのかによっても旅の内容は変わってきます。...

more
img-2
旅仲間の良さと一人旅よりも優れた魅力

旅の方法には決まりはなく、一人で気ままに出向いたり、ツアーで他の客と行動を共にする選択肢もあります。気心が知れる旅仲間は、気兼ねなく楽しめる間柄なので、赤の他人が参加するツアーよりもリラックス出来ます。...

more
top