ワンランク上の海外旅行

img-1

海外旅行では国際線の飛行機を使うことになるでしょうが、普通は、エコノミークラスで行くことになります。

アメリカ横断の優良サイトならこちらで見つかります。

海外旅行が身近なものになったのはこのエコノミークラスで、多くの座席が提供されるようになって単価が下がったためという面がありますから、ある意味では当然のことと言えます。


しかし、アジア地域内など、飛行時間もせいぜい6時間から7時間程度までであればまだしも、アメリカやヨーロッパに旅行するとなると飛行時間も10時間を超えてきます。

旅仲間の詳細情報となります。

こうなってくると、やはり座席に座って映画を見続けたり音楽を聴いたりすることにも限界が生じ、少しは眠りたいと思うことでしょう。

ところが、エコノミークラスの座席というのは、乗ったことがある人は分かるでしょうが、決して広くありません。

浜松でデートの情報が必要な方必見です。

というか、はっきり言うと狭いです。JRの新幹線レベルはもちろんのこと、特急電車の普通席レベルの広さもおそらくありません。

なばなの情報を求める人におすすめのサイトです。

若干言い過ぎかもしれませんが、一般的な観光バスの座席レベルに近いです。リクライニングも深くありませんし、足を伸ばすことも困難です。

この浜松のお出かけを理解するには正しい知識が必要です。

これでは体力に自信のある若いうちならばともかく、ある程度の年齢になれば長時間は厳しいかもしれません。しかし、だからといってビジネスクラスにするのは別の意味で厳しいでしょう。

エコノミークラスとは費用が桁違いとまでは言いませんが、段違いだからです。

おそらく2倍や3倍程度では済まず、もう一度同じ旅行に行けてしまうくらいの費用がかかるでしょう。もちろんビジネスクラスにできれば機内は極めて快適です。

http://matome.naver.jp/odai/2146794573100371301/2146794727402282303

アメリカやヨーロッパなどの長距離路線では、最近はどの航空会社でも座席はリクライニングを倒すことにより完全にベッドのように真っ直ぐになるタイプが主流です。

http://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-sc-tp0-160726-0032.html

それだけではなく機内食も一流レストラン並みですし、搭乗前には空港のラウンジを無料で利用できたり、預け入れることができる手荷物の量や個数も優遇されています。

とは言うものの、いくらエコノミークラスでは疲れるとはいえ、それらビジネスクラスのサービスを全て勘案してもたかだか片道10時間にそれだけのお金を出すだけの価値があるかと言われると、躊躇する人が多いことは間違いないでしょう。しかし、ワンランク上の海外旅行ということを考えた場合、エコノミークラスとビジネスクラスの中間的なクラスを用意している航空会社もあるのです。

http://real.tsite.jp/umeda/event/2016/05/post-143.html

プレミアムエコノミーと呼ばれるものがそうです。もちろんこの座席も費用はかかりますが、エコノミークラスと比較すれば2倍程度で済むことが多いです。

座席は横幅、前後間隔ともに広く、イメージ的に言えばJRの新幹線レベルのものはあります。
座席以外のサービス、機内食や手荷物などについては基本的にはエコノミークラスと同じですが、座席が最も重要でしょうからむしろ無駄がなくてよいかもしれません。
ワンランク上を考える場合、是非とも候補の一つに入れてみてはどうでしょうか。

関連リンク

img-2
旅仲間と作る思い出の旅

日常生活からかけ離れた時間を楽しめる、旅行を趣味とされている方も多くいらっしゃいますが、どうせ行くなら思いっきり楽しみたいものです。何処へ行くのか、何をするのか、何を食べるのかを体験することも楽しいですが、誰と一緒なのかによっても旅の内容は変わってきます。...

more
img-2
旅仲間の良さと一人旅よりも優れた魅力

旅の方法には決まりはなく、一人で気ままに出向いたり、ツアーで他の客と行動を共にする選択肢もあります。気心が知れる旅仲間は、気兼ねなく楽しめる間柄なので、赤の他人が参加するツアーよりもリラックス出来ます。...

more
top